コンピュータ不正アクセス対策基準解説書

コンピュータ不正アクセス対策基準解説書

Add: jymid19 - Date: 2020-12-13 04:24:37 - Views: 8497 - Clicks: 6834

金融機関などコンピュータシステムの安全対策基準・解説書。公益財団法人金融情報システムセンター(FISC)が作成。 銀行、信用金庫、農業協同組合など、預金の業務を執り行う金融機関は全て、金融庁による規制の対象のため、業務の健全性・適切性の確保と、預金者の保護を目的として経営管理体制、リスク管理体制、システム管理体制などの確認(「金融検査」)が行われる。 金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(第 9 版)により FinTech やクラウドによるビジネス環境の変化に対応した。 クレジットカード情報のセキュリティを強化するために、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準。 カード会員データのセキュリティの強化、及びデータの保護に係る技術面・運用面の要件のベースラインとして 6 つの要件(詳細 12)を提供する。 金融機関等のシステム監査導入と推進のための業界標準ガイドライン。 金融システムのシステム監査、導入に係る要素を 13 項目に分類し、ガイドラインを提供する。 金融・決済には、一般の Web サービスと比較して非常に高い水準のセキュリティ対策が求められます。参入する企業・団体は、利便性追求だけでなく、検証テストや脆弱性診断など多くの専門的な知識を活用し、インターネットを使ったサービスを安全に提供していくことが重要となります。. インタプリタ型ウイルス 主にMicrosoft OfficeのWordやExcelのマクロ機能を利用して感染するタイプの「マクロウイルス」と、VBAスクリプトなどのスクリプトを利用して感染するタイプの「スクリプトウイルス」がこのタイプのウイルスである。実行可能なプログラムファイル以外に感染するところに特徴がある。 ウイルスの感染タイプ別の分類以外に、メモリ上に常駐するかしないかといった分類もある。 1. サイバー攻撃をする際に、マルウェア(ウイルス・ワーム・トロイの木馬)などに感染させる手口を使うものが多くあり、ターゲットとしては、特定の組織や集団、個人を狙ったものと、不特定多数を無差別に攻撃するものがあります。 近年のサイバー攻撃での不正アクセスで最も影響があったと言えるのは「日本年金機構」の情報漏洩事件ではないでしょうか? 下記にその事件の概要を整理いたします。. 日本情報処理開発協会, 1996. 業界横断的な情報共有 4. ※最新版として「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(第9版令和2年3月版)【pdf版】」が年3月に発刊されております。 そちらをお求めください。. 非常駐型ウイルス 単発型ウイルスとも呼ばれ、プログラムの実行時のみウイルスが活動するタイプの単純なウイルスである。 2.

ガイドラインでは、本項目に関して、11個の項目が示されているが、その内容は、以下の3つのポイントに絞ることができる。 1. サイバー攻撃の概要から、事例、統計、対策方法まで、幅広く整理させていただきました。さらに知りたい方は、各項目につけてあるリンク先の記事をご確認いただけると、詳細の情報までご確認いただけますので、ぜひご覧いただければと思います。 パソコンが使えなくなったり、会社のホームページが見れない、メールが使えないという状況になったら、業務もストップしてしまい大きな影響を受けます。そのような状況になりかねないサイバー攻撃が日々起きています。何度も言いますが「明日は我が身」という意識を持って、セキュリティ対策を進めていきましょう。. ウイルスを明確に分類することは難しいが、そのメカニズムを知っておくために、感染タイプ別に紹介しておく。 1. (2) 制御系システムのサイバー攻撃の事例. ファイル感染型ウイルス アプリケーションなどの実行可能なプログラムファイルに感染するタイプのウイルスである。既知ウイルスの品種の数はこのタイプが最多である。 3.

情報システム安全対策基準を次のように定め、平成7年8月29日から施行する。 なお、平成3年通商産業省告示第175号は、平成7年8月28日限り、廃止する。. サイバー攻撃とは、サーバやパソコンやスマホなどのコンピューターシステムに対し、ネットワークを通じて破壊活動やデータの窃取、改ざんなどを行うことです。 特定の組織や企業、個人を標的にする場合や、不特定多数を無差別に攻撃する場合があり、その目的も様々で、金銭目的のものもあれば、ただの愉快犯的な犯行も多くあります。. 「コンピュータ不正アクセス対策基準」(平成8年8月8日付け通商産業省告示第362号) 「情報通信ネットワーク安全・信頼性基準」(昭和62年2月14日付け郵政省告示第73号) 「コンピュータ不正アクセス対策基準解説書」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができる.

成熟度モデルの応用局面 この際、情報セキュリティ監査人は、当該被監査側が作成した自己評価表への回答およびその適正性を被監査部門の長または必要に応じて被監査側の長が認めた旨を記載した文書(適正言明書という)を入手しておけば、当該適正言明書を監査意見表明の対象とすることが可能である。. 一方、インターネットの普及に伴い、決済をはじめ金融サービスは大きく変貌していきます。インターネットの普及率が 3 割前後しかなかった 年、日本銀行は既にインターネットが及ぼす金融リスクの高まりを懸念する調査を発表しています。 金融機関における情報セキュリティの重要性と対応策 この段階で、ID・パスワードの管理や、運用のアウトソーシングに対する注意、緊急時の対応計画(コンティンジェンシープラン)の重要性等に触れています。. 不正アクセス行為の禁止等に関する法律の解説 1 法の目的、基本構成(第1条関係) (1) 不正アクセス行為の禁止等に関する法律(以下「本法」といいます。)は、不正ア クセス行為を禁止するとともに、これについての罰則及びその再発防止のため不正. セキュリティ人材の訓練・育成 5. 外部接続点の対策徹底 3. 情報セキュリティ 不正使用防止.

12 hours ago · 過去の情報も危険にさらす量子コンピュータ、今から対策を~デジサートが指摘. See full list on cybersecurity-jp. 11: 大きさ、容量等: 293p ; 26cm: ISBN:.

トロイの木馬型ワーム トロイの木馬の特徴である通常のプログラムに見せ掛けた悪質な. 18 ログイン機能、パスワード再設定機能、またはアカウントを忘れた場合の機能を使ってアカウント情報の取得はできない」に違反していました。JPCERT/CC OWASP アプリケーションセキュリティ標準 ※ちなみに OWASP は「OWASP ASVS」の無料の診断ツールが用意されています。. ssl を用いて、利用者がアクセスしているサーバが「本物」であることを保証する電子的な証明書のこと。 例えば、インターネットバンキングや、ショッピングサイトなど、利用者がアクセスする Webサーバ などの真正性が重要となる場面で使用され、その.

近年、外出先や自宅など社外から社内のデスクトップPCや業務システムに接続する「リモートアクセス」が注目されています。多様化するワークスタイルに柔軟な対応ができるなどのメリットがありますが、セキュリティのリスクも多くあります。この記事では、リモートアクセス環境に潜む. いままで制御系システムは、インターネットや社内のITシステムに接続していない独立したシステムであることから安全であるとは言われてきました。しかし、制御系システム機器などに汎用OSを使用する場合や、通信プロトコルに標準プロトコルを採用する場合が多くなり、サイバー攻撃を受けやすい状況になってきています。また、システムの設計や運用面についても異なる考え方で設計、運用されてきています。表2にITシステムと制御系システムを比較整理します。 ITシステムと制御系システムは、設計および運用の思想が異なります。ITシステムではセキュリティの機密性を重視しますが、制御系システムでは可用性を重視します。ITシステムでは、個人情報や機密データなどに重点を置きますが、制御系システムでは、人命にかかわることに重点を置くために可用性を重視しています。システムの設計では、性能要件、システム運用、パッチ適用の考え方が大きく異なります。システムの使用期間もITシステムはわりと短期間ですが、制御系システムでは長期間にわたって使用します。これらの設計思想の異なるシステムを接続して情報システムを構築することになりますが. 校を言う。)においては、コンピュータを活用した学習活動の実施など、教職員はもとより、 児童生徒が日常的に情報システムにアクセスする機会がある。このことは、地方公共団体の 他の行政事務とは異なる特徴と言える。. コンピュータ・ウイルスという言葉が初めて登場したのは、1984年、米Sandia National LaboratoryのFrederick B. 成熟度レベルに応じた保証または助言 1. nist sp 800-171とは米国政府機関が定めたセキュリティ基準を示すガイドラインです。 政府機関からだけではなく取引企業からの情報漏洩を防ぐために、業務委託先におけるセキュリティ強化を要求する内容になっています。. nist sp 800-171とは. 03予定) (2)金融機関等におけるコンティンジェンシープラン策定のための手引書.

判断尺度を明確化する 1. メモリ常駐型ウイルス ウイルスに感染したプログラムが実行されると活動を開始し、コンピュータの電源が切られるか再起動されるまで活動し続けるタイプのウイルスである。 そのほかにはワームやトロイの木馬の特徴を持ったウイルスがある。近年はこの複合タイプのウイルスが主流である。 1. (3) ITシステムと制御系システムの比較. キャッシュレス決済が注目された昨年来、多くの事業者が決済サービスに参加しましたが、残念ながら多くの事件が発生しました。 例えば、クレジットカードの不正利用が多発したシステムでは、セキュリティコードを何回でも入力することが可能となるシステムになっていました。これにより、クレジットカードの番号さえわかれば、不正利用が可能になったのです。 ところが、「安全対策基準」には、『基準番号-実 16、不正アクセスの監視機能も設けること』の項目に、「連続した何回かのアクセス失敗に対しては、強制終了・取引禁止等を行う機能を設けること」と記されています。 このシステムは金融機関が守るべき「安全対策基準」から外れたシステムになっていました。 また、もう廃止された決済サービスでは、「パスワードを忘れた場合、登録メールアドレス"以外"のメールアドレスに、パスワード再設定の通知を送付することが可能」となっていました。 これは国際的な コンピュータ不正アクセス対策基準解説書 Web セキュリティ基準「OWASP (Open Web Application Security Project) ASVS」のレベル1(全ての Web アプリが備えるもの)である、「項目 2. もともと日本の金融・決済分野の情報セキュリティ水準は高いものでした。インターネット普及以前の 1973 年に、政府は国内の即時送金を可能した全国銀行資金決済ネットワークを稼働させ、1985 年には「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」を策定し、参加する全ての金融機関に高い情報セキュリティ水準を求めました。 この流れは今も続き、現在は FISC(金融情報センター)の「安全対策基準」が、金融機関が守るべきガイドラインの役割を果たしています。.

ウイルスにはさまざまな種類があり、ユーザーに与える被害も多種多様である。もっとも、ウイルス自身はプログラムであり、(一般的な意味での)プログラムが行う動作を実現できる。例えば、ファイルの削除や上書き、ディスクのフォーマット、システムの停止、セキュリティ対策プログラムの停止、ソフトウェアの改ざんなどなど。被害を挙げていくと切りがない。 ところで、多くの場合、ウイルスは2段階を踏んでシステムに被害をもたらす。コンピュータが直接に被害を受ける「1次被害」と、1次被害の後に起こる「2次被害」であるが、以下にそれぞれの簡単な解説を行う。. 日本では、内閣官房が年から「重要インフラのサイバーテロ対策に係る特別行動計画」を発表し、重要インフラのサイバーテロに対する対策についての検討を始めました。内閣官房の「情報セキュリティ政策会議」の配下に「重要インフラ専門委員会」を設置し、日本の重要インフラの防御についての検討を始めました。現在は、サイバーセキュリティ基本法の制定を受け、内閣サイバーセキュリティセンターの「サイバーセキュリティ本部」の配下に「重要インフラ専門調査会」として改組し、活動を行っています。重要インフラとは国民生活に密接に関係するインフラシステムを対象とし、制御系システムを含む重要な分野を選定しています。対象としている重要インフラの分野は、電気通信、放送、銀行など、証券、生命保険、損害保険、航空、鉄道、電力、ガス、政府・地方自治体、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油の13分野です。重要インフラ専門調査会の活動のひとつに、「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る「安全基準など」策定指針」の策定があります。この指針を基に、各分野では各分野のセキュリティガイドラインを策定し、実施することになっています。表3に各分野で策定しているガイドラインを示します。さらに、分野ごとに詳細なサイバー攻撃に対する基準またはガイドラインを策定する動きもあり、各分野内の情報共有などを目的とした専門組織としてISAC(Information Sharing and Analysis Center)を設置することが多くなっています。例えば、情報通信分野では、ICT-ISAC、金融分野では金融ISAC、電力では電力ISACを設立し、各分野で活用を行い、他の機関との情報共有を図っています。 出典:内閣サイバーセキュリティセンターの「年度重要インフラにおける安全基準等の継続的改善状況等の調査」を基に作成 制御系システムのセキュリティの取り組みとしては、経済産業省が電力システムのサイバーセキュリティとして、 1. See full list on cybertrust. 金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(第9版) 年12月05日 ※ガイドラインの中でChatworkが対象な項目のみ記載しております。 基準大項目 中項目 項番 小項目 Chatwork対応状況 1. 事前に準備または設定しておくべき項目の2番目として、本ガイドラインは「監査の目的」を挙げている。情報セキュリティ監査では、監査の目的を2つに大別し、組織体が採用している情報セキュリティ対策の適切性に対して一定の保証を付与することを目的とする監査(保証型の監査)と、情報セキュリティ対策の改善に役立つ助言を行うことを目的とする監査(助言型の監査)、としている。ガイドラインでは、保証型の監査と、助言型の監査を以下のように定義している。 これらの目的設定に関しては、組織が実際に採用しているセキュリティ対策の内容と水準を考慮して、助言型の監査とするか、保証型の監査とするかを基本的には被監査側が決定すべきである。特に、この2つの目的は排他的なものではないため、保証と助言の2つを併用し、監査の目的として設定することも可能である。決定した監査目的は、監査前に監査人との同意を得ておくことが重要である。双方の考え方に相違があれば、提出された報告書は期待外れのものになるからだ。 1.

コンピュータ フセイ アクセス タイサク キジュン カイセツショ. FISC安全対策基準 第7版追補改訂 『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書』は、昭和60年12月に金融機 関等の自主基準として策定後、社会情勢の変化に対応して継続的に改訂が行なわれ、現在. 不正アクセス、不正使⽤を検知した際、被害の範囲を調 査・特定し、被害の拡⼤を防⽌するとともに、システムの復 旧を⾏うために実施すべき対策に関する基準項目。 実 19 不正アクセスの発生に備えて対応策、復旧策を講じておくこ と。 必須. . 安全対策基準(第9版)改訂まで の流れ これまでの安全対策基準の改訂について 『金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書 』(以下、安全対策基準という)は、昭和60年に初版. See full list on intellilink.

サイバー攻撃が実際どの程度行われているのか?を数値で見てもなかなかイメージがつきにく方は、リアルタイムの可視化ツールをご覧いただくと、良いかと思います。 ビジュアル化されることで、とてもイメージがつきやすくなりますね。 その可視化のツールとして有名なのが、「Atlas」です。 日本の「情報通信研究機構」が公開している、純日本製の可視化ツールで、ダークネットトラフィックを可視化してリアルタイム表示しています。 jp/atlas さらに多くのツールを見て見たい方は、下記にて日本国内にかかわらず世界中に公開されている6つのツールを紹介してますので、ぜひご覧ください。. com で、コンピュータ不正アクセス対策基準解説書 の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. ワーム型ウイルス ワームの特徴である自己増殖を行い、ウイルスの特徴であるほかファイルへの感染を行うといった両者の特徴を持ったタイプのウイルスである。ネットワークやメールを使って送られてくるウイルスはこのタイプが多い。 2. 児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 “コンピュータ不正アクセス対策基準”に適合しているものはどれか。 ア 監視効率を向上させるためにすべてのネットワークを相互接続する。 イ 業務上必要な場合は,利用者 ID を個人間で共有して使用できる。. See full list on atmarkit. (1) ITシステムと制御系システムの統合.

. 複合感染型ウイルス ブートセクタ感染型ウイルスとファイル感染型ウイルスの両方の特徴を持つウイルスである。両者の強みを備えているが、複雑な仕組みのため広範囲に感染した例がない。 4. 年11月に報告書公表 ③外部委託先管理(年度に開催予定) ⇒ これらの検討結果や報告書の内容を踏まえ、「fisc安全対策基準」等を改訂 2.「fisc安全対策基準」の業態別編 現行のfisc安全対策基準は、全業態共通の基準. 要約 本ガイドラインは、金融機関、保険会社、証券会社などにおけるコンピュータシステムの自主基準として策定され、金融情報システムに関する安全対策の共通の指針として示されているものであるが強制力はなく、自社基準を策定する際の参考として利用するものである。. 「情報セキュリティ管理基準」による監査. (1)金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書 (初版1985. jpデジタル用語辞典 - コンピューター不正アクセス対策基準の用語解説 - 経済産業省の定める、コンピューターなどへの不正アクセスの予防や発見、復旧や再発防止などについての対策をとりまとめたもの。.

前述したような、実際の事例を見ると日々サイバー攻撃が怒っていることがわかりますね。 実際に被害がニュースとなっているもので上記の数があるのですが、ニュースにもなっていないようなサイバー攻撃は日本に対してどの程度行われているのでしょう? その統計情報から、個人情報が漏洩した際の損害賠償額など、試算されている情報を整理しました。 企業としてサイバー攻撃の被害を受けることがどのくらい大変なことか、ご理解いただければ幸いです。. ブートセクタ感染型ウイルス OSの起動より前に読み込まれるブートセクタ(ブートプログラムがあるシステム領域)に感染するタイプのウイルスである。 よく勘違いしている方を見かけるが、ハードディスクやフロッピーディスクなど、どのディスクにもブートセクタは存在している。たとえ実行可能なプログラムが存在しないようなシステムディスクではないディスク(起動可能ではない単なるデータディスク)としても、ブートセクタは存在するのである。 2. 解答と解説 正解は(イ) 経済産業省が策定した「コンピュータ不正アクセス対策基準」における「ハードウェア・ソフトウェア供給者基準」に関して、設備管理においては、開発業務にかかる機器は、許可を与えられた者以外立ち入れない場所に設置して、厳重に管理し、開発業務にかかる. このように近年多発するサイバー攻撃の目的は様々です。 最も多いのが、金銭目的が多いと考えられますが、その他にも単に世間を騒がせて自己満足する愉快犯的な犯行や、国家や企業などの組織体の戦略変更やイメージダウン・株価操作などを狙う組織犯罪、産業スパイ活動など。更には、ハクティビストによる政治的・社会的な主張などがあります。 このようなサイバー攻撃を仕掛ける攻撃者は、主に犯罪者、犯罪グループ、諜報員、産業スパイ、ハッカー集団、悪意ある組織の職員(退職者を含む)などが多いと言われています。 最近では、サイバー攻撃ができるツールがダークウェブ上で簡単に購入することができるようになっていることもあり、攻撃者の低年齢化が顕著な傾向といわれています。 参考ダークウェブとは?WEBの種類とダークウェブの特徴・対応方法 このような攻撃者の目的を理解し狙われやすいターゲットをあらかじめ予測することが、効果的かつ効率的なセキュリティ対策を講じるうえで重要だといえるでしょう。. イ コンピュータ不正アクセスによる被害の予防,発見,再発防止などについて,組織及び個人が実行すべき対策をとりまとめたもの ウ 情報戦略を立案し,効果的な情報システム投資とリスクを低減するためのコントロールを適切に整備・運用するための. 従来は、製造業、電力、ガス、水道、金融関係、鉄道、航空などの重要インフラや制御系システムは、インターネットとの接続や社内のIT(情報系)システムと接続はせずに、独立したシステムとして設計、運用されてきていました。制御系システムは、独自OSを使用した機器、独自の通信プロトコルを適用したネットワーク機器を使用することが多くありましたが、最近では汎用OSの適用、標準プロトコルの採用とオープン化が進みつつあります。図1に示すように、情報系ネットワークと制御系ネットワークを接続し、統合したネットワークシステムとして構築し、データの有効活用、資源の有効化を図る傾向にあります。 図1 情報系システムと制御系システムの統合. コンピュータ不正アクセス対策基準解説書: 著者: 通商産業省機械情報産業局 監修: 著者標目: 通商産業省機械情報産業局: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 日本情報処理開発協会: 出版年月日等: 1996. マネジメントシステムの確立 2.

1985年12月、財団法人金融情報システムセンター (fisc)により金融機関等の自主基準として策定された金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(fisc安全対策基準・解説書)は、システムアーキテクチャおよび運用に関する指針として多くの金融機関によって活用されています。. 事前に準備または設定しておくべき項目の3番目として、本ガイドラインは「成熟度モデルの利用」を挙げている。簡略的に説明すると、監査の前に適切な保証水準を設け、双方同意のうえ決定しておくということである。 組織体が採用している、または採用すべき情報セキュリティ対策の内容は、組織体のセキュリティ対策の成熟度によって異なっていることが多く、一律の固定的水準を前提とした情報セキュリティ監査を行うことは現実的でない場合がある。このような場合、監査対象の範囲または実施すべき監査手続の内容などによって、異なった保証水準の付与または段階的な保証の付与が可能である。 例えば、設定または運用する情報セキュリティ対策の実施水準を5段階などにレベル分けし、監査において、被監査側はレベル3のセキュリティ対策を施していることに対し、保証を得るといったことが可能である。 また、情報セキュリティ対策上の欠陥などにかかわる検出事項および改善提言の内容においても組織のセキュリティ対策の成熟度に応じて、差異を付けることが可能である。助言を行う場合など、現に採用されている情報セキュリティ対策に基礎を置いた合理的な範囲での改善提言でなければ意味がないからだ。 このように、情報セキュリティ対策の成熟度に応じた監査を行うことによって、保証型の監査においては保証の水準を明確にでき、助言型の監査においては段階的な情報セキュリティ対策の導入を推進することになる。 1. nisd-k303-071c 政府機関の情報セキュリティ対策のための 統一基準(第2版) 解説書 内閣官房情報セキュリティセンター.

デジサート・ジャパンは、「年 耐量子コンピューティング / 情報セキュリティ予測」と題する記者説明会を開催した。. コンピュータ不正アクセス対策基準を次のように定め、平成8年8月8日から施行する。 I.主旨 本基準は、コンピュータ不正アクセスによる被害の予防、発見及び復旧並びに拡大及び再発防止について、企業等の組織及び個人が実行すべき対策をとりまとめた. 電力分野のサイバーセキュリティガイドラインの策定 など 5つの柱を掲げて、取り組みを始めています。とくに、ガイドラインの策定においては、米国のNREC(北米電力信頼. コンピュータ不正アクセス対策基準とは,経済産業省が,情報システムへの不正なアクセスの予防,発見,防止,復旧,再発予防などをすることを目的に策定した基準です。コンピュータの利用が許可されていない人が利用した結果として,情報漏えいなどの各種問題が発生しないように企業や.

コンピュータ不正アクセス対策基準解説書

email: foneqobi@gmail.com - phone:(409) 249-1857 x 9468

畑中敦子の資料解釈ザ・ベストプラス - 畑中敦子 - と生涯ケア 清水貞夫

-> Cisco技術者認定試験 CCNA完全マスター 640-607J対応 - 富士通オフィス機器株式会社
-> ひそやかな誘惑 - アンナ・デパロー

コンピュータ不正アクセス対策基準解説書 - 神尾葉子


Sitemap 1

戦国史料館&博物館 ベストガイド 東日本 - 戦国歴史文化研究会 -